世界初!手荷物到着お知らせタグ

香港空港で世界に先駆けて導入された、利用客にスマホアプリで手荷物到着を知らせるサービス。さっそく手荷物タグを購入してアプリをダウンロードしてみた。

香港国際空港での新サービス

香港国際空港では世界に先駆けて手荷物タグにRFID(Radio Frequency Identification)という技術を用いて、利用客にスマホアプリにて手荷物到着を知らせるサービスを開始しました。私は仕事の都合上、毎月のように香港と東京を往復しているので、さっそくこの新しいサービスを試してみました。

手荷物タグの利用方法

まずは専用の手荷物タグを購入します。購入場所は香港空港内のインフォメーションセンターなどです。デザインはカジュアルなものとビジネスっぽいものの2種類です。(写真はカジュアルタイプのもの。色は数種類。1つ30香港ドル)

その後、利用客はあらかじめ自身のスマートフォンに香港国際空港アプリ「HKG My Flight」をインストールしておく必要があります。このアプリは非常に便利に設計されており、英語や広東語はもちろん、日本語にも対応しています。この荷物のタグだけでなく、出発到着便のゲート情報や発着時刻情報などの詳細をお知らせしてくれるので非常に重宝します。香港にお越しの際には是非ともインストールしておかれる事をお勧めします。

  この両方が揃ったところでタグを登録していきます。アプリの言語設定を日本語にしておけば設定で迷うことはないと思います。あとはアプリの表示の順を追って設定を行っていきます。 この画面が表示されれば無事に登録完了です。あとはこのタグを預入手荷物に装着するだけです。 このサービスを利用するためにはインターネットに接続されていることが必要なので香港空港に到着の際には無料のWi-Fiを利用すると良いでしょう。

新しもの好きの香港

これで、香港空港に到着した際には、手荷物受取所のベルトコンベアに自分の荷物が届いた際に通知を受けることができます。 注意していただきたい点は、このタグを付けていてもベルトコンベアから出てくる順番は早くなりません(笑)搭乗される座席クラスもしくは航空会社でのステータスによります。また盗難や間違いを防ぐものではないので今まで通り注意深く手荷物を監視する必要はありそうです。 現段階ではメリットが限定されているこの手荷物到着お知らせタグですが、失敗を恐れず次々に新しい事にチャレンジして素早く実用化していくこの香港の考え方は非常に見習っていくところがあると感じました。

QRコード https://amgwm.jp/2DCT48D

ニュースレター登録のご案内

AMG Wealth Management日本チームからのお知らせや、資産運用に関するニュースやレポートをメールでお届けします。メールアドレスの入力のみで簡単に登録ができ、登録解除はいつでも可能です。3ヶ月に1回配信いたします。

- 社会 | 香港 - の最新記事