フカして捨てる詐欺

可愛い女の子から「儲かる株」を教えてもらったら要注意。

「出会い系で知り合った女の子のお兄さんがさ、株で大儲けしてるって言うからどんな銘柄に投資をしているのか教えてもらったんだよ。自分も香港の証券口座開設して、その銘柄を買ったらみるみるうちに値段が上がったのよ!」

こんな話をお客様から聞いて、わざわざその「出会い系で知り合った女の子」がいかに可愛いか、写真まで見せてくれた。香港の女性らしく、お互いつたない英語でLINEでやり取りしている。今日何を食べたとか、どんな服を着ているとか他愛のない会話になかに、「この銘柄をそろそろ買ったほうがいい」という指令が紛れ込む。時々、若くて可愛い女の子のキメ顔なんかが見えた。

今まで2銘柄、彼女の指令どおりに買って1銘柄はプラス100万円の儲け、もう2銘柄はマイナス20万円の損だったそうだ。

「差し引き80万円だから、まだプラス! 次の銘柄情報を待ってるのよ~ もう知り合って3ヶ月経つから、そろそろビデオ通話のお誘いでもしてみようかなぁ」

などと相好を崩してらっしゃる。

こんな詐欺が流行っている

香港では低額で取引高のほとんどない株式を一般投資家に掴ませ、そこそこ上昇した後に仕掛け人が売り抜けるというPump and Dump Scam(直訳するとフカして捨てる詐欺)が流行っている。

売買がほとんど行われていない株式に目をつけるのは、詐欺グループが価格操作しやすいようにするためだ。たとえば売買高が1日100万円しかない株式に買いを入れていくと、簡単に値が釣り上がる。値が釣り上がること自体は別に違法でもなんでもないが、問題はその手法だ。

1. フカす(Pump)

株式市場はオークション式だから、買値と売値が合致するところで株価が決まる。株価が高くなるのは、それだけ買い手がたくさんいて高い価格でも手に入れようとする人たちが殺到するためだ。

もし1日の売買高が100万円しかない株式に1,000万円ぶんの買い注文が入ったとしたら株価は何倍にもなるかもしれない。

詐欺グループはまず、対象となる株式を仕込んでおく。

その後、SNSなんかで「私が投資家として成功した方法」みたいなコミュニティを立ち上げる。そこで本人のものではない、豪華な生活をしている写真なんかをどこかから引っ張ってきて適当に加工し、アップする。そのコミュニティに群がる投資家たち(=カモ)にそっとささやく。

「この株を買えば儲かるよ」

ターゲットとなるのは、もちろん株価が低迷しておりかつ売買高が少ない銘柄だ。しかしそれを信じたカモたちが一斉に買いに走ることで株価は一気に上昇する。日本のように値幅制限がない香港市場では上昇幅は青天井である。カモたちは「やっぱりあの人(詐欺グループ)の言うことは正しい!」と一時的には考えるだろう。また色仕掛けで買わせることもある。

私のお客様も、どちらかというと色仕掛けに引っかかたほうだ。幸い途中で売り抜けられたので結果的に利益を確定できた。ちなみに売りのシグナルがその女性から送られてきたわけではなく、株価が大きく伸びたのでなんとなく売却しただけだそうだ。

2. 捨てる(Dump)

詐欺グループは、仕込んでおいたターゲット株式を上がりきったところで一気に売却する。詐欺グループの言うとおりに買ってきたカモたちは憤る。「オマエの言う通りに買ったのに、損したじゃないか!」と。しかし時既に遅し。詐欺グループは煙のごとく消えていなくなっている。

ただし、私のお客様のように1対1でつながっており文句もなにも言ってこなければ上客となる可能性がある。適当に勝たせておいて、信用してもらったのち「ものすごい優良銘柄がある! 絶対あがる!」と買いまくらせておいて、その後により大きな売りをぶつけるのだ。

もともと売買高が少ないので、暴落することになる。これが金融市場を通じた詐欺の全容だ。

香港では逮捕される

そして香港ではこの手法の詐欺グループが次々と逮捕されている。香港が国際金融都市で居続けるためには、金融がらみの詐欺は特に重く処罰されなければならない。

とはいえカモにとっては他人の銀行口座に送金して運用してもらうわけではないので、心理的なハードルはそこまで高くない。そしてこの手法が香港で認知されるにつれ詐欺グループは外国にまで手を伸ばしている。

日本人は特に警戒レベルが低く詐欺のターゲットになりやすい。お客様にこのPump and Dumpの手法を伝えると、「やっぱりそうだったのか〜 あんな可愛い子がオッサンに株の勝ち方をタダで教えるわけないよなぁ」とガッカリされていた。深追いして傷が広がる前に対処できてよかった。

QRコード https://amgwm.jp/2PtM7gU

ニュースレター登録のご案内

       

ブログのダイジェストをメールでお届けします。週一回(土曜日)配信。

- 香港 - の最新記事