5G時代の到来を投資家の目線から読み解くなら

少しずつ聞かれるようになった5Gという言葉。これまでと違う時代の到来を投資家として感じ取っていられるか。5Gユーザーとしてでなく、投資家の目線を持つことの重要性

2020年春、日本はいよいよ5G時代と呼ばれるモバイル通信業界の変革期に突入しました。足元はソフトバンクやドコモ、KDDIからのリリースニュースが聞こえてきていますが、世界の5G事情を踏まえ、5G時代の到来を投資家の目線から読み解くなら、ということを今回は考えてみたいと思います。

5Gに向けたソフトバンクの取り組み – Softbank

5G時代は何が違うのか

5Gというのは第五世代の通信規格のことです。世の中一般からすれば、これまでも3Gがあり、4Gがあり、そして今度は5Gなのだ、というくらいの理解にもなります。確かに、より高速でより大容量な通信をできるように徐々になっているということではありますが、5Gが社会にもたらすものはこれまでとは雲泥の差があります。5Gレベルの高速でかつ大容量の通信をもってして、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)/MR(複合現実)技術の社会への実装に向けて大きな足がかりとなるという点です。例えば、自動車で言えば自動運転、製造業ならスマート工場の実現です。これまでは自動化、バーチャル化の夢は描けていても、それを実現するためのインフラが追いついていなかったのです。

第5世代移動通信システム(5G)の今と将来展望 - 総務省

5G時代の特徴は

通信技術としての5Gの進化がめまぐるしいとはいえ、サービスとしての収益性(単価)が上がるかというと実はそうでもないというのは一つの特徴です。初期のコンピュータは巨大で値段も高かったですが、今は薄型ノートパソコンになり、そして誰でも買えるくらいの値段になったのとよく似ている気がします。つまり、5Gはよりインフラ化しているのです。したがって、様々な他のビジネス分野がそのインフラに乗り入れることによって大規模な展開をしていくことが期待されています。

世界の5G導入動向

日本は冒頭触れたとおり、5Gの導入は2020年春ですが、中国やアメリカは2019年に既に導入されています。中国での商用サービスは2019年11月1日に50都市でスタートしましたが、もともとの予定を早めてのリリースだったこともあり、当初は爆発的に流行ったわけではありません。ただ、新型コロナウィルスの流行を受けた人々の生活スタイルの変化が、中国国内での5Gへの関心を加速させるとの声も聞こえています。そのインフラたる性質から、中国通信機器大手のファーウェイの動きに各国は警戒もしている面があります。米国の方は2019年4月頃ベライゾンやAT&Tを中心にサービス展開が始まり、通信基地局を徐々に増やしている状況です。ちなみに中国は既にその先の6Gを目指して研究を開発していたりします。

5Gで中国に優位を許す米国の課題 – 野村総合研究所

イギリスがファーウェイの一部利用を容認したことにトランプ大統領が激怒したとされるニュースも印象的でしたね。

ファーウェイの5G利用は「狂気の沙汰」米が英政府に警告 – BBCニュース

5G時代を投資家の目線から読み解くなら①

一つの例としてVR(仮想現実)の発展に関わる企業を見てましょう。ひょっとしたらVRなんて若者がゲームをしているくらいにしかイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、今後はそれだけにはとどまりません。

例えば、NVIDIAというアメリカの企業を見てみましょう。高速で画像処理や演算処理をおこなうGPUという半導体を提供している企業です。現在の主力商品は高性能ゲーム機向けですが、自動車運転向けやAI・ディープラーニング向けなど、今後の成長が期待されるエリアではトップクラスの企業です。企業名自体は馴染みがないかもしれませんが、ソフトバンクグループもまた一時期株式保有していた注目株です。

5G時代を投資家の目線から読み解くなら②

もう一つの例としてデータセンターを取り上げましょう。昔、スーパーコンピュータには大量の電力が必要だ、みたいなことを聞いたことがある人がいるかもしれませんが、インフラ化した5Gにもやはりその動作を可能にするブレインたる、データセンターが必要になります。データセンターは街の人々の目に触れる施設ではありませんが、規模が大きく、巨大な雇用を生み出すことも特徴です。

Googleは全米でデータとオフィスに130億ドルを投資 – TechCrunch

「5G時代」見据えデータセンター開発が加速 – JLL

データセンターに投資をするとしたら、一つはデータセンターという不動産投資を行うREITを保有する方法、もう一つはデータセンター提供を行う企業へ投資する方法が現実的でしょうか。代表例としてのETF(上場投資信託)は以下でしょうか。

投資家目線の重要性

本稿は5G投資を推奨するものではありませんが、ここでお伝えしたかったことは、投資のテーマとしてご自身で納得できるものを選ぶ、というのも一つの手法だということです。本稿を通じて5Gに興味を持った方も、あるいは「へぇそうなんだ」くらいに終わった人もきっといるのではと思います。例えば一つ世の中で話題になっていることを、話のネタ的に情報を仕入れるだけでなく、投資家の目線からどのような投資に置き換えられて、そこからどういうリターンが得られそうかを切り取ってみることは大事です。それこそが社会の変化を加速させるための投資という機能の発揮に繋がり、そこからリターンを受け取ることが投資家の存在意義なのですから。

関連ブログ:投資家にとってのオンライン診療の魅力を探る

QRコード https://amgwm.jp/2VjYrQ6

ニュースレター登録のご案内

       

ブログのダイジェストをメールでお届けします。週一回(土曜日)配信。

- 資産運用 - の最新記事